付けまつ毛とまつ毛エクステの使用に伴うリスクを回避するには

目がきれいな女性

付けまつ毛やまつ毛エクステは、まつ毛を綺麗に見せたりボリュームアップが出来ることで、若い女性を中心に大人気となっています。
しかし、まつ毛に関する美容法はリスクを伴うこともありますので情報として知っておくと、より安全にメイクを楽しめるようになります。
付けまつ毛の使用で健康面にあるリスクとしては、米国眼科学会(AAO)が2013年に、付けまつ毛と、まぶたにそれらを付ける時に使う接着剤の危険性を認識するべきだという見解を発表したことがあります。
そのリスクの具体的な内容は、ホルムアルデヒドを含んでいる付けまつ毛用接着剤の使用により感染症やアレルギー反応を起こした例がある他、角膜の感染症、まぶたの感染症、まぶたの腫れ、まつ毛の一時的または永久的な喪失などがあるとされています。
付けまつ毛を付けていて目がかゆいことや痛いことがあるなら、それは接着剤が原因である場合も多いので、接着剤に入っている成分を見直して、目に刺激が少ないタイプに変えることなどが快適に付けまつ毛を楽しむための方法になります。
他にも接着剤が強力であったりして付けまつ毛をはがす時に強くまぶたを引っ張ってしまうと、眼瞼下垂になるリスクが高くなるという情報もあるので気をつけた方が良いでしょう。
まつ毛エクステに関してはもともと生えているまつ毛に装着して地肌には接触しないようにするため、付けまつ毛よりも肌に優しいと言われていますが、グルーが合わないことなどによるリスクはゼロではありません。
まつ毛エクステはサロンで付けてもらうなら、きちんとした資格を持ったサロンを選ぶことがリスクを回避するためには有効な手段となります。
自分でまつ毛エクステを行う場合には、グルーの成分に気をつけることが大切です。
また、まつ毛に関する美容法を行っていて目やまぶたの調子が悪くなった時は、なるべく早く眼科を受診することが症状の悪化を防ぐためにはおすすめです。

サイト内検索
人気記事一覧